転職

転職をするときの面接をうまくこなすためには、どうしたらよいのか?

・ある程度の慣れと練習が必要
転職の時の面接は、新卒の時の面接とは違って、ある程度慣れていると感じさせることも必要です。
社会で数年間働いていた経験から、あまりにもたどたどしい態度や緊張している姿は、会社側がこの人大丈夫かなと不安に思ったりもします。
面接では緊張しないと思っていても、久しぶりにおこなうことや初めての会社の商談室で、いつもと違う雰囲気にのまれてしまうことがあります。
質問の回答の内容を考えるという以外にも、面接の受け答えができるかということはしっかり学んだ方が良いです。
自宅で家族や友人に質問してもらって実際の雰囲気を作って練習することや、職安のサービスを利用して練習を繰り返します。
ある程度の慣れもありますので、できるだけ他社の面接も複数受けたほうが緊張しなくて済むようになります。
場数をこなすことで慣れてきて、会話がスムーズにいくようになったり、面談がうまく行ったと感じるようになります。

・声の大きさや笑顔、姿勢などに注意
面接では身のこなしや洋服の清潔感、髪型や化粧などの身なりを気を付けることも大切です。
それ以上に自信のなさがあらわれすぎないように工夫することはできます。
声の大きさを小さくなりすぎないようにしてハキハキして話す、表情をこわばったものを辞めてなるべく自然な笑顔を心がける、猫背気味の人は胸を張り堂々と見えるようにする、など身振りを変えることで印象を変えます。
面接会場での歩き方も堂々と歩いたり、しっかりした返事だけでも印象が変わっていきます。
質問の回答がいくらしっかりした立派なことを言っていても、本人から受ける印象がそうでないと説得力がうまれません。
想像以上に初対面の人からの見た目の印象は受けることが多いですので、できる限りの見える範囲の行動は気を付けたほうが良くなります。
自分の態度などを指摘されたことがある人は、特に気を付ける必要があり、面接時は改めたほうが良いです。